ドイツ語翻訳、ドイツ語校正、添削サービス

お急ぎの方はここをクリックしてください。

ドイツ語翻訳、ドイツ語校正のメインサイトへどうぞ。

線路
By Toni (CC)

日本語からドイツ語へ、ドイツ語から日本語への翻訳
ドイツ語から英語へ、英語からドイツ語への翻訳
ドイツ語校正、添削
ドイツ語翻訳者のプロフィール
ドイツ語を話す地域
話すドイツ語
書くドイツ語
ドイツ語と日本語
オーストリア共和国
ドイツ連邦共和国
スイス連邦
お問い合わせ、ご依頼、連絡先
翻訳作業に費やせる時間は?
品質優先?それとも予算優先?
極めて短納期の翻訳について
お支払いについて
翻訳ソフトと機械翻訳

日本語からドイツ語へ、ドイツ語から日本語への翻訳

ELS は通常、日本語からドイツ語へ、ドイツ語から日本語へ直接翻訳をします。日本人翻訳者とドイツ語ネイティブとのチームワークにより高品質のドイツ語翻訳をお届けします。翻訳料金は、原則として、翻訳原稿 ( 日本語またはドイツ語 ) の文字またはワードカウントに基づいて計算いたします。

和独翻訳

和独翻訳においては、日本人の翻訳者とドイツ人の校正者を起用して、日本語原文の正確な理解と高品質なドイツ語訳を保証します。日本人翻訳者が翻訳した文書のスタイルを維持しながら、ドイツ語ネイティブ校正者が、誤解が生じることなく理解されるドイツ語になるよう校正をします。ドイツ語に翻訳された文書の校正レベルは、ベーシックプラスです。高等教育を受けたドイツ語ネイティブが書いたように見える高水準のドイツ語翻訳文書へのリライトをご希望の場合は、ネイティブレベルになります。この場合追加料金が発生しますが、個別にお見積りいたしますので、ご相談ください。1ページ400文字あたり、5,900円から承ります。

精度の高い翻訳が必要な極めて重要な文書の場合、少額の追加料金で、もう一名の日本人翻訳者による翻訳チェック作業を組み込んだり、もう一名のドイツ語ネイティブ校正者による翻訳文書校正作業を加えることも可能です。また、翻訳、翻訳文書校正の両過程において、日本人翻訳者、ドイツ語ネイティブ校正者を各ニ名ずつ起用することもできます。別途料金にてこうしたサービスをご利用いただけますので、お問い合わせください。

ドイツ語ネイティブ翻訳者による日本語からドイツ語への翻訳、日本人翻訳者によるチェックという翻訳ステップをご希望でしたらご相談ください。ご要望にできる限り対応させていただきます。

独和翻訳

ドイツ語から日本語への独和翻訳の場合、ドイツ語に関する深い知識をもつ日本人翻訳者が翻訳を担当し、ドイツ人の専門家と相談しながら、ドイツ語文書を正確に日本語に翻訳していきます。ドイツ語の文書は、通常日本語文書よりもはるかに明瞭ですので、問題はあまりみられません。しかしながら、ドイツ語文書の出来があまりよくなかったり、文化的な見地から不明瞭な点がある場合には、有能なドイツ語ネイティブ翻訳者やライターが日本人翻訳者をサポートします。翻訳料金は、ドイツ語原稿1ページ150ワード当たり5,500円より承ります。

精度の高い翻訳が必要なきわめて重要な文書の場合、もう一名の日本人翻訳者を起用し、最初の翻訳者の翻訳内容チェック作業を組み入れることができます。別途料金にてこのサービスをご利用いただけますので、お問い合わせください。

ドイツ語翻訳料金( ご依頼頂いた原稿に基づく換算 )
言語 一般文書 金融、PR、政治、社会、文化、
経済、科学技術、学術論文など
医学、医療、特許、法律、抄録、
学術論文概要など
日本語 → ドイツ語翻訳
( 翻訳、ドイツ語ネイティブによる校正 )
日本語原稿 400文字当り
5,900円? 6,800円? 7,500円?
ドイツ語 → 日本語翻訳
( 翻訳、ドイツ語ネイティブ専門家との相談 )
ドイツ語原稿 150ワード当り
5,500円? 5,800円? 6,600円?


注) 一名の翻訳者によるドイツ語翻訳料金です。さらに翻訳文の品質を高めるには、少額の追加料金で、もう一名の翻訳者によるチェック作業を組み入れることもできますし、日本語からドイツ語への翻訳の場合はドイツ語ネイティブ二名によるダブルチェックを受けることもできます。

翻訳料金は、原則として、翻訳原稿 ( 日本語またはドイツ語 ) の文字またはワードカウントに基づいて計算いたします。

※ 上記ドイツ語翻訳料金にはミニマムチャージがございますことをご了承ください。該当する分野とレベルに対応する1ページ分の翻訳料金をミニマムチャージとさせていただきます。

ページの先頭に戻る

ドイツ語から英語へ、英語からドイツ語への翻訳

ELS では、ドイツ語から英語、英語からドイツ語への翻訳も承ります。翻訳料金は、原則として、翻訳原稿 ( ドイツ語または英語 ) のワードカウントに基づいて計算いたします。

独英翻訳

英語ネイティブ翻訳者が翻訳を担当し、別の英語ネイティブがプルーフリードをします。英語ネイティブの書く自然な翻訳文書に仕上がります。1ページ150ワードあたり5,000円より承ります。追加料金にて、もう一名の翻訳者による翻訳チェック作業を組み入れ、品質をさらに高めることもできます。お気軽にお問い合わせください。

英独翻訳

ドイツ語ネイティブ翻訳者が翻訳を担当します。ドイツ語ネイティブの書く自然なドイツ語文書に仕上がります。1ページ200ワードあたり5,000円より承ります。追加料金にて、もう一名の翻訳者による翻訳チェック作業を組み入れ、品質をさらに高めることもできます。お気軽にお問い合わせください。

ドイツ語翻訳料金 ( ご依頼頂いた原稿に基づく換算 )
言語 一般文書 金融、PR、政治、社会、文化、
経済、科学技術、学術論文など
医学、医療、特許、法律、抄録、
学術論文概要など
ドイツ語 → 英語翻訳
( 翻訳、ドイツ語ネイティブ専門家との相談、
英語ネイティブチェック )
ドイツ語原稿 150ワード当り
5,000円? 6,000円? 7,000円?
英語 → ドイツ語翻訳
( 翻訳、英語ネイティブ専門家との相談 )
英語原稿 200ワード当り
5,000円? 6,000円? 7,000円?


注) 一名の翻訳者によるドイツ語翻訳料金です。1ページ当たり少額の追加料金で、第二の翻訳者による翻訳文チェック作業を組み入れて、更なる品質保証をすることもできます。

翻訳料金は、原則として、翻訳原稿 ( ドイツ語または英語 ) のワードカウントに基づいて計算いたします。

※ 上記ドイツ語翻訳料金にはミニマムチャージがございますことをご了承ください。該当する分野とレベルに対応する1ページ分の翻訳料金をミニマムチャージとさせていただきます。

ページの先頭に戻る

ドイツ語校正、添削

ELSではドイツ語文書の添削も行っております。文書の見本と分量をご提示いただければ、お見積もりをさせていただきます。どのようなドイツ語修正、添削をご希望かをお聞かせいただければ、ご希望に沿った対応をいたします。ドイツ語校正料金は、1ページ150ワードあたり1,350円より承ります。

ドイツ語校正料金( ご依頼頂いた校正用ドイツ語原稿に基づく換算 )
レベル 一般文書 金融、PR、政治、社会、
文化、経済、科学技術、
学術論文など
医学、医療、特許、
法律、抄録、
学術論文概要など
ベーシック ・ プラス ¥9/ワード? ¥12/ワード? ¥15/ワード?
ネイティブレベル ・
リライティング
¥16/ワード? ¥19/ワード? ¥21/ワード?

  • <<ベーシックプラスレベル>>では、誤解が生じることなくドイツ語ネイティブスピーカーに理解されるようお預かりした文書を入念に校正いたします。
  • <<ネイティブリライティングレベル>>では、ドイツ語ネイティブスピーカーが書いたように見える一段と高品質な文書へと校正/編集いたします。
  • 両レベルとも、ドイツ語ネイティブスピーカーが校正を担当いたします。

※ 上記ドイツ語校正料金にはそれぞれミニマムチャージがございますことをご了承ください。該当する分野とレベルに対応する4ページ分の校正料金をミニマムチャージとさせていただきます。詳細は、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る

ドイツ語翻訳者のプロフィール

日本人翻訳者 ( ドイツ在住 )
学歴 : 一橋大学経済学部卒業
翻訳言語 : 英語/ドイツ語→日本語
専門分野 : IT、ソフトウェア・ローカリゼーション、ウェブサイト、契約書、経済及び金融レポート、文芸、自動車・機械

日本人翻訳者 ( ドイツ在住 )
翻訳言語 : ドイツ語→日本語 ・ 日本語 → ドイツ語 ( ネイティブチェックを含む )
実務歴 : ドイツの日系翻訳事務所をはじめ、ドイツ政府機関、日本政府機関にて、
通算10年以上に渡り、翻訳・通訳に従事。2002年よりフリーランス。
専門分野 : ビジネス一般、技術、時事、観光及び旅行関連など。

日本人翻訳者
翻訳言語 : ドイツ語 → 日本語 ・ 英語 → 日本語
翻訳経験:都内商社での社内翻訳。その後フリーランスの通訳者、翻訳者 ( いずれも英 ・ 独 ・ 日 )に転身。
専門分野 : ビジネス一般、IT ( ウェブサイト、ソフトウェア ・ ハードウェアマニュアル等 )、工業製品仕様書およびマニュアル、契約書、広告、プレゼン資料、国際会議スピーチ原稿、など。また画家としても活動しているため芸術にも精通。ドイツ美術工芸や漫画関連の翻訳及び通訳も経験あり。

日本人翻訳者
学歴 : ハイデルベルク大学ドイツ言語学修士課程修了
翻訳言語 : ドイツ語 ? 日本語
専門分野 : 特許抄録、製品仕様書、ビジネス一般。

ドイツ語ネイティブ翻訳者
早稲田大学にて日本語上級過程修了
ボン大学で日本語翻訳について学習。取得資格 : 認定翻訳者
ドイツ デュッセルドルフ地方高等裁判所認定翻訳者
翻訳言語 : 日 ・ 英 → ドイツ語
翻訳経験 : 特許及び法律事務所にて非常勤翻訳者 ( 日本国内 )。日独法律事務所 ( 日本 )の翻訳スタッフ。
専門分野:特許、契約書、会計報告、その他、工学など

ドイツ語ネイティブ翻訳者 ( 独 ⇔ 英)
学歴 : 外語翻訳 / 通信大学 ( ドイツ ヴュルツブルグ ) にて学習
英語 : ネイティブとしての能力あり
資格 : 英独翻訳協会認定資格取得
専門分野 : 特許、契約書、電気 / 機械工学、医療機器、薬学
モットー : 信頼性、納期厳守。政治、経済、文化について他言語での情報収集に日々専念する

ページの先頭に戻る

ドイツ語を話す地域

ドイツ語はヨーロッパにおいて中心となる言語の一つでありながら、ドイツ語を話す人々は主としてドイツ、オーストリア、スイスそしてその他のヨーロッパ大陸に集中しています。これは、ヨーロッパの他の主要な国々に比べ、ドイツは統一の時期が遅かったことなどの理由から、世界各地に植民地を開拓することがなかったためです。植民地を開拓していれば、ドイツ語は英語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、オランダ語のように広範囲に広まっていたことでしょう。

ドイツ語は、ドイツで8,000万人以上、オーストリアで800万人以上、 そして小さなリヒテンシュタイン公国で約3万2千人の人々が話す主要な言語です。またスイスの一部でも公用語として話されており、その人口は450万人を超えます。700万人を超えるスイス人のうち、残りの人々はフランス語、イタリア語、ロマンシュ語を話します。つまり、スイスの人口の過半数がスイス ・ ドイツ語を話していることになります。ちなみにスイスで話されるドイツ語は、ドイツ語の方言でありドイツ国内で話されるドイツ語とは異なります。

ルクセンブルグでは、40万人以上の人々がドイツ語を公用語として使用しています。ルクセンブルグの総人口が50万人に満たないことを考えると、ドイツ語を話す人の割合が人口の大部分を占めていることになります。ルクセンブルグの人々のほとんどが、ドイツ語の方言であるルクセンブルグ語を使います。初等教育はドイツ語にて行われ、公的なビジネスにはフランス語が使用されています。ドイツ語はスイスと国境を接するイタリアでも公用語とされており、20万人ほどの人々が使用しています。また、ベルギーでも7万人が使用し、公用語の一つとされています。

ドイツ語は地域言語や少数言語として、旧ソビエト連邦、フランス ( アルザス地方 )、ポーランド ( シレシア )、ルーマニア、ハンガリー、チェコ共和国、デンマークそしてスロバキア地域にて400万人の人々により使われています。しかし、同化や死亡のため、またドイツ語を話す人がこうした地域を去るなどの理由により、この人口はますます減少しています。

北米にもドイツ語の方言を話す少数集団があります。主としてハテライト、メノナイト、アーミッシュなどの宗教的な集団です。カザフスタン、ナミビア ( 旧ドイツ保護領 「 南西アフリカ 」 )、アルゼンチン、パラグアイ、その他の非ヨーロッパ地域にもドイツ語の方言を話す人々がいます。

ページの先頭に戻る

話すドイツ語

標準ドイツ語は、ドイツ語圏において広く使用されています。旅行、ビジネス、その他ドイツ語を話す人々が共通の言葉を必要とする場合に使われます。今でも、異なるドイツ語方言を話す人々同士では互いに理解できないようなドイツ語方言が、数多くあります。

ドイツ語方言の数は、方言をどう定義するかにもよりますが、50から250あると言われています。ドイツが1871年まで統一されなかったため、標準ドイツ語の形成は遅れ、それ以前は様々なゲルマン民族の方言しか存在しませんでした。ドイツとデンマークの国境から南部のスイスやオーストリアまでの地域に、ドイツ語には6つの主要な方言があります。

学校で教えるドイツ語は、標準ドイツ語です。標準ドイツ語といってもオーストリアドイツ語、スイス ( 標準 ) ドイツ語など様々なアクセントがあり、ベルリンで耳にする標準ドイツ語やミュンヘンで耳にする標準ドイツ語とも少し異なるかもしれません。しかし誰もが互いに理解することが出来ます。ベルリンからウィーンに至るまで新聞、本そしてその他の出版物では全て同じ言語を使用しており、イギリス英語とアメリカ英語の違いに比べると地域による相違は非常に少ないと言ってよいでしょう。

方言の見方の一つに、場所により異なる呼び方をされているモノに注目する方法があります。ゼリー入りドーナッツには、ドイツ語では各方言のバリエーションを除くと3つの名称があります。「ベルリナー ( Berliner )」、「クラッペン ( Krapfen )」そして「パンクーヘン ( Pfannkuchen )」の3つともがドーナッツを意味します。歴史上のある間違いのおかげで、ドイツのドーナッツは今日では面白い例として挙げられています。

1963年、西ベルリンにてケネディ大統領が有名な演説を行いました。ソビエト連邦が、西ベルリンを残りの西側世界から切り離そうとしている時代でした。JFKによる有名な表現で、「私はベルリナー ( Berliner ) である」が「私はゼリードーナッツである」と間違えて翻訳されたという逸話があります。ケネディ大統領が言いたかったのは、「私はベルリン市民である」ということです。「ベルリナー ( Berliner ) 」はゼリードーナッツの一つの種類でもあるので、ケネディのセリフは文法的には正しく訳されたわけです。彼はこう言いました。

「 場所を問わず全ての自由なる人間はベルリン市民であり、すなわち一人の自由なる人間として、「私はベルリナーである ( Ich bin ein Berliner )」という言葉に誇りを持っている。」

ページの先頭に戻る

書くドイツ語

書くドイツ語は、基本的には一種類しかないと言えます。ドイツ語には方言や綴りの規則が多くあり、これらの中で標準とされていないものは、他の言語の場合より多くあります。一方、書くドイツ語は、多少の違いはあっても、基本的にはヨーロッパ中どこでも同じです。方言の違いは、話す場合に顕著に現れるというわけです。

世界でドイツ語を話す人口は、英語やその他の言語ほど多くないかもしれませんが、それでも1,000万人は存在します。この数は、地球上に存在する数十億もの人口のほんの一握りにすぎません、しかし世界の出版物の1割はドイツ語で記されているのです。

ページの先頭に戻る

ドイツ語と日本語

ドイツ語と日本語には、英語と日本語またはオランダ語と日本語が共有するような強力なつながりというものがありません。「 ノイローゼ ( noiro'oze ) 」や「 テーマ ( te'ema )」などドイツ語からの外来語も幾つかありますが、他の多くの言語ほど多くはありません。明治時代、ドイツ語は医学やその他の分野においても重要な言語として使用されていました。しかしながらやがて医学、科学においては英語が、食やロマンスにおいてはフランス語とイタリア語がドイツ語をしのぐようになってきました。

ページの先頭に戻る

オーストリア共和国

ドイツ語を話す三国のうち、アルファベット順にいって最初の国である、オーストリアから始めましょう。今日、日本におって最も身近な事柄といえば、おそらく映画関連でしょう。オーストリア出身のアーノルド ・ シュワルツネッガーや「サウンドオブミュージック」は誰もが知っています。映画を別にすれば、オーストリアには波乱に満ちた歴史があります。かつて一度は、ヨーロッパの大部分を制したハプスブルグ家がオーストリア ・ ハンガリー帝国の中心として栄え、その後衰えを見せると同時に第二次世界大戦前にはナチスドイツにより占領されました。第二次世界大戦から復興したオーストリアは、ドイツが行ったような戦争賠償や謝罪を行いませんでした。オーストリアが第三帝国の一部となったのは、ある程度自らの意思によるものだったのでしょうか?それとも強制だったのでしょうか?第二次世界大戦後、オーストリアは、ソビエト連邦の衛星地域である東欧に面した西欧の前哨線となりました。

今日のオーストリアは、美しい城やフレンドリーな人々そしてスキー場で知られる国に様変わりしています。ドイツ語が話されるこの国の首都ウィーンは非常に有名です。フロイドが生まれたのもこの地であり、コーヒー店などでも名を馳せるヨーロッパ屈指の都市の一つといえるでしょう。オーストリアの田舎には、美しい家々や教会が広がり、まさに休暇を過ごすのに絶好の地です。

オーストリアはドイツ語圏ですが、オーストリア人はドイツ人とは異なる習慣、態度、価値観を持っています。人生に対してゆとりを持ち楽観的なのがオーストリア人です。オーストリアからは数々の偉大な人物が登場しました。彼らが世界に誇るのがハイドン、モーツァルト、シューベルト、ストラウス、ベートベン、文豪カフカ、そして忘れてはならないのが心理学のフロイドです。

オーストリア人はまた食をこよなく愛し、オーストリア ・ ハンガリー帝国から受け継がれてきた様々な料理があります。ウィンナーシュニッツェル ( 仔牛のカツレツ )、ウィーンの伝統的デザートであるザッハトルテ ( アプリコットジャムをサンドしチョコレートで贅沢にカバーしたチョコレートケーキ )、クノーデル ( じゃがいも団子 )、グラーシュ ( シチュー )などがその一例です。

毎年多くの旅行者がオーストリアを訪れ、食や観光、スポーツを満喫しており観光業はオーストリア経済にとって非常に重要な位置を占めています。当然ながら、ドイツからも多くの旅行者が訪れます。オーストリアはドイツ人にとってナンバーワンの旅行先でもあるのです。

ページの先頭に戻る

ドイツ連邦共和国

ドイツが日本と肩を並べるのは、世界経済の発展を促進した第二次世界大戦後のその経済成長です。通貨がユーロに変わりヨーロッパ統合へと歩みだすまで、ドイツマルクは優勢な通貨でした。今日のドイツは平和な国です。しかしその短い歴史は、多くの戦争をはらんだまさに激動の道でした。ドイツの攻撃的な歴史は、1871年の統合に起因しているといえるでしょう。この統合は、政治や社会を発達させることなく強力な近代軍事国家へ突き進むこととなりました。続く数々の戦争の中で、ヨーロッパにおけるドイツの隣国は長年にわたりドイツの脅威にさらされたのです。

しかしながら今日では、そのような歴史も過去の一場面となり、現在のドイツは平和な国家として、将来に渡りその平和を維持することを誓っています。旅行者や観光客にとって、ドイツはビール、ソーセージそして城や山々、川を含むヨーロッパ中世の面影を残す景色で世界中に知られています。ベルリンもまた世界屈指の都市の一つです。ドイツが再統一された今日、ベルリンは文化の中心地としての過去の日々を再生しつつあるかに見えます。

ビジネスと金融の世界において、ドイツは、人気のフォルクスワーゲンのビートルを始めとした質の高い製品で知られています。しかし西ドイツの経済的な強みにも関わらず、ドイツの統一は財政を圧迫し、旧東ドイツの生活水準は依然として西ドイツをはるかに下回っています。

ドイツ人は、その技術教育を誇りにしており、その教育を支えるのが職人制度です。ドイツでは教育は無料であり、学生は学費を払うことなく大学や大学院に進学することができます。皆さんが本文をお読みになるころには、多少変化しているかもしれませんが、実際ドイツは大学教授の数、ノーベル賞受賞者、本の出版数では世界第3位に位置しているのです。

ドイツ人の多くが、毎年誰もが4週間の休暇を取るという事実からもお分かりのように、人生を謳歌します。オーストリアとイタリアは、ドイツ人にとって最も人気のある休暇地です。400万人のドイツ人がサッカークラブに所属しているほどサッカー好きである一方で、ドイツの学校や大学ではスポーツの試合を行う事はありません。

世界に良い影響を与えた著名なドイツ人も数多くいます。マーティン・ルターは、宗教改革の指導者であり、カトリック教会の圧力に立ち向かいました。ルターは、ヨーロッパと宗教の流れを永久に変えたのです。ヨハン・バン・ゲーテは、18世紀の作家であり詩人で、世界で最も偉大な文学者の一人です。

ドイツには、旅行者にとってその風景を始め見所が盛りだくさんあります。黒い森を探検したり、ライン川下りを楽しんだり、ヴルツブルグのような中世の街を観光したり、ミュンヘンのオクトーバーフェストを祝ったり、アルプスでのスキーを楽しんだり、オーバーアマガウを訪れたりすることが出来ます。オーバーアマガウでは、夏に有名な受難劇が上演されます。その攻撃に満ちた過去にもかかわらず、現在のドイツは明るい未来を抱えた平和な国なのです。

ページの先頭に戻る

スイス連邦

ヨーロッパにおけるドイツ語圏の主要三国の残りの一国であるスイスでは、ご存知のように三つの公用語、ドイツ語、フランス語、イタリア語と、少数言語であるロマンシュ語が話されています。ロマンシュ語は、現存する言語の中で古代ローマ人が話した言葉に最も密接に関係があるとされています。今日、スイス人のおよそ65%がドイツ語を話します。

スイスは、チョコレート、時計、軍用ナイフ、銀行でその名を知られています。高い山々の中に位置する美しい国では、登山家やスキー愛好家、そして冬を好む人々の誰もがこの平和な国、そしてとろけるチーズにパンを浸して食すチーズフォンデュなどの美味な料理の数々を満喫することができます。

スイスにそびえる山々と美しい湖こそ、スイスを自然と美の国として知らしめる所以でしょう。スイス人は、自国とそこで生み出される製品を非常に誇りに思っています。スイスでは、スイス製の時計を身につけないかスイスの列車に乗らない人は遅れているという人さえいます。しかしながら、今日ではスイス社会の現状に反抗を示す若者も出てきています。

ドイツやオーストリアのように、スイスでも長期の休暇を取ります。たいてい夏に3週間、冬に1、2週間の休暇を取り自国のスキー場やイタリアやスペイン、フランスのような温暖な国へと足を運びます。とはいえ、スイス人には世界中どこでもお目にかかることができるでしょう。

この小さな国家は、ましてドイツ語が話される地域はさらに小さいわけですが、ドイツ語圏においては重要な位置を占めているのです。

ページの先頭に戻る

お問い合わせ、ご依頼、連絡先

お問合せに関しては、お問い合わせ、ご依頼、連絡先をクリックしてください。

ページの先頭に戻る

翻訳作業に費やせる時間は?

納期に関しては、翻訳所要時間をクリックしてください。

ページの先頭に戻る

品質優先?それとも予算優先?

品質か予算、どちらを優先されるかについては、ここをクリックしてください。

ページの先頭に戻る

極めて短納期の翻訳について

極めて短納期の翻訳ご依頼については、ここをクリックしてください。

ページの先頭に戻る

お支払いについて

お支払いについては、ここをクリックしてください。

ページの先頭に戻る

翻訳ソフトと機械翻訳

翻訳ソフトと機械翻訳については、ここをクリックしてください。


エクスコムシステム・ランゲージ・サービス

受付時間:平日10時~18時
英語、英文、多言語翻訳、校正、オンライン英文ライティング ( 英作文 ) 指導など

翻訳、校正総合受付 : honyaku@excom-system.com( 日本語 ・ 英語対応可能 )

和独、独和、英独、独英のドイツ語翻訳、ドイツ語校正、添削をはじめ、英語翻訳、英文校正、多言語翻訳、多言語校正、英文ライティング指導等の総合言語サービスをお届けします。

ドイツ語、日本語、英語、その他の言語に精通する専門分野の翻訳スペシャリスト、校正者が待機しています。

ドイツ語翻訳、ドイツ語校正の他にも英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、ギリシャ語、スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語など多言語の翻訳と校正にご対応。

自動車、エレクトロニクス、機械、化学、科学、産業、電気通信、半導体、IT、技術、情報セキュリティ、ネットワーキング、ソフトウェア、特許、土木、建築といった産業技術分野から文学、医療、医学、法律、契約 ( 契約書 )、行政、政治、経済、金融、マーケティング、ビジネス、国際ビジネス、国際取引、歴史、社会学、観光、メディア、環境等、幅広い分野で英語、多言語翻訳、校正サービスをお届けします。日本語、英語、その他の言語に精通する専門分野の校正者、翻訳のスペシャリストがご依頼をお待ちしております。

ELSでは、各種英語論文翻訳、多言語論文翻訳もサポートいたします。医学論文、小児科論文、看護論文、卒業論文、法律論文、観光論文、科学論文を始め、環境、半導体、自動車の技術 研究論文、経済、政治、歴史、社会学、文学、ビジネス等多岐にわたる学術論文において、各分野での専門知識を持った翻訳者やネイティブが翻訳、校正を担当いたします。

世界に広がるELSの翻訳者、校正者の人材ネットワークを駆使して、リーズナブルな料金で高品質なサービスの提供が可能になります。

このページの先頭へ

エクスコムシステム ランゲージ サービス(ELS) Copyright 2014無断転載禁止。