翻訳ソフトと機械 ( 自動 ) 翻訳

シャチと少年
By Matt McGee (CC)
ソフトウェアが翻訳をおこなうようになった昨今では、「 翻訳ソフト = 機械 ( 自動 ) 翻訳 」と認識するようになってきています。ただし、コンピュータが実用化される以前から機械翻訳という概念は存在していました。したがって、いまだにコンピュータではなく、機械翻訳と呼ばれているのは、その名残のようです。

最近では、機械翻訳という表現を使わず、翻訳ソフトと言い換える方が増えてきました。というのも、機械翻訳といってしまうと「 全て機会が翻訳する 」という誤った認識を与えてしまいがちだからです。
あくまでも、両者は「 翻訳作業をおこなううえでの支援ツール 」だということをご理解ください。

ELS が考える翻訳ソフトと機械 ( 自動 ) 翻訳

ELS では、優秀な翻訳ソフトは、いまだに存在していないと考えています。

これは、英語だけではなく、どこの国の言語にも共通していえることです。専門用語など特定単語を変換するためには、大変便利かもしれません。しかし、「 相手に伝わる文章になるかどうか 」 という視点から考えた場合、翻訳ソフトの利用は全く意味がないといっても過言ではないでしょう。

お勧めできません!翻訳ソフト、機械 ( 自動 ) 翻訳のご利用

翻訳ソフトや機械 ( 自動 ) 翻訳を利用すると、「 何がいいたいのか 」すら、伝わらない滑稽な文章になってしまうケースが多々見受けられます。少々ご利用いただく程度であれば、特に大きな問題は発生しません。しかし、頻繁に翻訳ソフト、機械 ( 自動 ) 翻訳をご利用されるときには、注意してください。

どなたか個人が翻訳作業をされた場合、その文章には必ず個性 ( 癖 ) が現れます。したがって、ELS サイドで、翻訳を担当された方が文章中で表現された個性を考慮しながら、校正作業をおこなうことが可能です。しかし、翻訳ソフト、機械 ( 自動 ) 翻訳に頼ってしまうと、個性 ( 癖 ) がないばかりか、内容が不明瞭な文章へと仕上がってしまうため、ELS ネイティブスタッフは、文意を推測することすらできず、校正、編集作業が成立しないことも珍しくありません。

弊社ネイティブスタッフが、全く理解できずに、業務ができなくなってしまうのです。

「 誤解されることなく伝わる 」 翻訳文章をご希望の場合には、翻訳ソフトや機械 ( 自動 ) 翻訳を利用せず、直接弊社 「 翻訳サービス 」 をご利用ください。

翻訳ソフトをご利用された場合の校正サービス


もちろん翻訳ソフトで作成された文章の校正、添削サービスをご利用いただくことも可能です。ただし、ご依頼をお受けできるのは、弊社スタッフが翻訳文章の内容を理解できる場合です。翻訳ソフトをご利用いただいた場合、ほぼ理解ができずお断りするケースが多々ございますので、あらかじめご了承ください。さらに、上記理由により、本来弊社が通常の校正、添削サービスで自信をもってお届けしている「 品質 」においても、保障をいたしかねますますので、あらかじめご了承ください( ご依頼いただいた英語文章によっては、追加料金が発生する場合もあります )。

直接、翻訳サービスをご利用ください!

内容を重視した 「 伝わる 」 翻訳文を作成したい場合には、翻訳ソフト、機械翻訳を利用して校正サービスにお申込みいただくのではなく、直接弊社 「 翻訳サービス 」 をご利用ください。

翻訳は、決して翻訳ソフトや機械 ( 自動 ) 翻訳がおこなっている、「 Aという言語をBという言語におきかえる 」という作業ではありません。翻訳とは、「 まるで最初からその言語で執筆されていたかのような自然な文章で表現されており、誤解なく現地の人に伝わる文章にすること 」 です。
  • 翻訳ソフト、機械 ( 自動 ) 翻訳で作成された文章をお送りいただく場合には、ご依頼時に必ずその旨お伝えください。
  • ご依頼内容を正確に理解したうえで、スタッフ一同最善の努力をいたします。翻訳ソフトをご利用いただいた場合、お預かりした文章の内容を理解することができず、校正業務が成立しないという理由から、ご依頼をお断りせざるをえないケースがあります。

★ご依頼・お問合せ★


エクスコムシステム・ランゲージ・サービス

受付時間:平日10時~18時
英語、英文、多言語翻訳、校正、オンライン英文ライティング ( 英作文 ) 指導など

翻訳、校正総合受付 : honyaku@excom-system.com( 日本語 ・ 英語対応可能 )


翻訳 ( 英語、和英、英和、日英、英日、多言語、論文翻訳等 )、校正、ネットスクール形式の英文ライティング指導等、言語総合サービスをおこなっております。

▲ページトップへ

エクスコムシステム・ランゲージ・サービス Copyright 2014無断転載禁止。