>

英文校正で使用するワード 「 変更履歴機能 」 のご説明

ELS の英文校正サービスでは、お客さまにきちんと修正、変更した場所をご確認いただくために、Microsoft(マイクロソフト)社が提供しているword(ワード)ソフトに付属されている 「 変更履歴の記録 」 機能を利用しています。
この変更履歴の記録は、word(ワード)に最初から組み込まれている機能なので、お手持ちのPCでどなたでもご利用いただくことが可能です。

1. 校正済み文章の見方(どうやって変更部分を確認するのか?)
2. 変更履歴の反映方法(どうやって変更された部分を原文に反映させるのか?)
3. 挿入コメントの見方(ELS からお客さまへの確認事項は、どのように表示されるのか?)

上記3点を中心に、word(ワード)の変更履歴の記録機能のご利用方法をご説明します。分かりづらい点などありましたら、お気軽に弊社担当までお問合せください。

★お問合せはこちら★



1. 校正済み文書の見方

ELS で変更した部分が、通常の文字色 ( 黒 ) とは異なる色で表示されます ( サンプル写真では赤 )。
画面右列には、変更内容 ( 削除、変更された文章など ) が記されます。



▲ページトップへ戻る

2.変更履歴 ( 校正箇所 ) の反映方法

校正箇所をご確認いただき、特に問題がないようであれば、変更された所を文書全体に反映させてください。
反映後は、通常のワードファイルとしてご使用いただくことが可能です。

【 反映方法 】
  1. 下記のような 「 変更履歴の記録 」 ツールを表示します。


                          
    「 表示 」→「 ツールバー 」→「 チェック / コメント 」にチェックを入れます。
    すると、上図のように 「 変更履歴の記録 」 ツールが表示されます。


  2. 「 変更履歴の記録 」 ツールが表示されたら、「 ドキュメント内のすべての変更を反映する 」 を選択して、クリックしてください。
    すべての校正箇所が反映され、通常のワード文書としてご利用いただくことが可能になります。
    ※ エクスコムシステム方式によるコメント (?? Comment ??) は別途削除が必要です。

▲ページトップへ戻る

3. 挿入コメントの見方

ELS では、校正担当スタッフからお客さまに確認したい箇所がある場合に、文書内にコメントを挿入して、お客さまに直接ご確認いただいております。

コメントは英語で、「 (?? Comment ??)」といった形で挿入されます。
  • 校正者からのコメントをご確認ください。下記のように挿入されています。



  • お客さまから校正スタッフへ質問や疑問、再確認を依頼する場合には、下記の手順に従って、文書内にコメントを挿入してから、再度ELSへファイルを送信ください。校正スタッフからの再確認コメントと共に、お客さまのお手元に文章をご返送します。

    【コメント挿入の方法】
  1. 「 変更履歴の記録 」 ツールを表示させます( 2 の 1 参照 )。
  2. 「 変更の履歴 」 ボタンをクリックして、変更履歴が残るように設定します。


  1. 校正スタッフからのコメントに続いて、下記例のようにコメントを書き込んでください。
    校正スタッフが残したコメントとは違う色で、お客さまのコメントが表示されます。


  1. 内容確認が全て完了して、お手元に最終ファイルが届いたら、変更履歴を反映してください ( 2参照 )。
    このとき、弊社校正担当スタッフからのコメントは別途削除(キーボード上の「Delete」もしくは「Backspace」キーを使用して削除)していただく必要があります。

    「 変更履歴の記録 」 ツールにおけるご不明点や疑問点は、お気軽にお問合せください。
「 変更履歴の記録 」 ツールの使用方法に、ご不明点や疑問点がある場合には、お気軽に弊社担当までお問合せください。

★お問合せはこちら★


エクスコムシステム・ランゲージ・サービス

受付時間:平日10時~18時
英語、英文、多言語翻訳、校正、オンライン英文ライティング ( 英作文 ) 指導など

翻訳、校正総合受付 : honyaku@excom-system.com( 日本語 ・ 英語対応可能 )

翻訳、校正のことなら、日本語、英語だけに限らず、フランス語やイタリア語など世界各国の多言語にも対応しています。
現在、約60ヶ国語に対応中です!
ご希望いただいた言語のネイティブが校正するため、どこの国の言語でも高品質な仕上がりをお約束します。


▲ページトップへ戻る

エクスコムシステム・ランゲージ・サービス Copyright 2014無断転載禁止。